前へ
次へ

VRのコンテンツと医療行為への影響

医療関係者が独自のコンテンツを使ってVRを治療に役立てている理由として挙げられる理由の最大のものとして、市販されているゲームは刺激が強すぎることといいます。
流血やいじめなどといった、負の刺激となるものが多いことや、ゲーム内容が難しすぎて治療を受けているときにストレスとなり、却って治療に役立たないことも少なくありません。
結果として、医療関係で使用できるコンテンツは限られてくるため、ストレスを感じにくくする独自のコンテンツを開発することが急務といわれています。
特に低年齢に刺激が強すぎるコンテンツを与えることは、治療への負担だけではなく、若年層の脳にも悪影響を及ぼすことが懸念されているため、治療を行う時に使用できるコンテンツの選別が必要となるでしょう。
ただし、VRを使用することによる治療への負担の低減や、痛みを緩和させることは研究結果から知られているため、利用するコンテンツを的確にすることでよい結果につながるといわれています。
ヘッドセットを利用し、子供たちが安心して治療を受けられるようにするためのソフト開発が期待されているため、今後プログラマーへのニーズが高まる可能性が高いです。

Page Top